健やかな血管はすべての健康の源

冬場の寒さからくる緊張で、多くの方の血管の導通が制限されています。特に心臓から出て行く主要血管の通りが制限されている方が多いようです。血管は、生命栄養通路です。若さを保ち、機能回復と、代謝を高めるためにも健やかな血管は不可欠です。

冷えやむくみ対策は衣類やカイロなどで温めるだけでは不十分。身体を内側から温めるには、まず血流の改善をはかるのが早道です。

血管の制限からくる不快な症状とは

血管導通の制限とは冷えや寒さであり、筋肉の萎縮です。
静脈の導通の制限は浮腫み(むくみ)として現われます。
心臓まわりの血管の制限では、呼吸が浅くなり鎖骨付近が膨隆して硬くなってたり、胸骨〜肋軟骨付近の一部が硬くなっていたりもします。

脳にこの制限が現われると、目の開きが狭くなり、外界への注意や興味が削がれ、意欲や取り組みへの集中が減退します。皮膚の触感弾力や肌の色が悪い所も、血管の導通制限の影響です。

事故や手術、うつ病などのトラウマ、老化やボケと判断される現象も、同時に血管の導通制限が起きていると考えられます。

 

血管の制限をとるタッチと手技を学びます

このセミナーに参加すると…

○膜や筋肉のワークでは考えられない、内部からの制限の解放が速く実現できる手技が学べます。
○血管の流れが停滞して組織の密度が高くなった所〜膨隆している所を見つけ、触れる感覚をお伝えします。
○軽い圧を組織にかけることで、血管のもつれが解消し流れが回復し、組織が柔らかく伸長していくことを感じられるようになります。
○鎖骨下動脈〜大動脈弓〜頸動脈〜椎骨動脈などの主要血管に触れる練習ができます。
○脚の浮腫みの原因ともなる静脈の流れの停滞をみつけ、流れを促進するタッチが学べます。
○時間があれば気管支や心膜に働きかけるワークも紹介します。

強圧でのワークではありません。子どもからお年寄りまで、妊婦さんや持病のある方にも施術可能な穏やかな手技が学べます。

参加されることで、呼吸が広く深くなり首〜胸が楽になり、脳がスッキリ明晰になって目が開きます。自分の不調を直すチャンスにもなりますので、ぜひご参加ください。

開催日時: 2019/03/21(木)10:00〜17:00 ※祝日(春分の日)
開催場所: 渋谷区代官山 ロルフィングスペース
参加費用: 15,000円(現金清算。領収書ご入用の方はお申し越しください)
定員  : 6名
3名以上お知り合いで別日程にて開催を希望される場合(土、日も可能)は、ご連絡ください。

 

申し込み・問い合わせ