頭〜目がスッキリし、声の質が変わる方法を発見しました。

頭〜目がすっきりし、声の質が変わる方法を発見しました。
人に向けて話す時に、通りやすい声になります。
SEでクライアントに落ち着いて話しかけたりする時、ビジネスでプレゼンする時にも有効です。

やり方
1.話す時〜話し始める前に、鼻孔をほんの少し広げる。鼻孔にわずかに空気を入れる。
…話す時に、鼻孔〜鼻の気道にイキが通ることで声の性質が変わります。
2.鼻骨のトップの峰の両側を人指し指と中指で軽く押さえ。押さえた所に振動がくるように鼻をすする。 数回から10回。 写真を参考に。
…新鮮なイキが上鼻腔〜篩骨をキレイに通り抜けると、脳が〜額が〜意思が爽やかになります。

発見のキッカケは、話をするのが得意でないお客さんを観察すると。
話している時に、鼻が機能していないと気づいたからです。
急いで話している時も、口だけの喋りになっているようです。
脳に息(プラーナ?)が補充されずに喋っていると、前頭部〜意思領域とつながらずに言葉が出ていくことになり、意思の支えのない言葉になりやすいです。

お試しくださいませ。
やってみた感想なども教えてくださると嬉しいです。